遺産相続についてお気軽にお問い合わせください

複雑な計算方法

相続税の相談をする時の相談相手

今年から相続税が増税になるため、従来であれば払わなくて良かった層でも相続税をい払わなければならなくなるケースが増えると見込まれています。相続税の税額の計算は一般人も出来ますが、計算の対象となる評価額については不動産や非上場株式の評価が難しいと言えます。現預金や上場株式については被相続人が無くなった時の時価が評価額になりますから簡単に分かります。不動産については土地の評価は路線価と決まっていますが、利用形態によって評価額が大きく変わります。不動産が住宅であればそれを誰がどのようの今後使用していくのかによっても評価が替わります。非上場株式についても評価方法がいろいろ考えられるので簡単に計算することは出来ません。税理士や金融機関のファイナンシャルアドバイザーが正しい判断をしてくれます。

計算をしてもらうためには財産を正確に把握する必要がある

相続税がいくらかかりそうかと計算してもらうことは今後の相続税対策や支払資金の確保という面で大事なことです。正確に計算してもらうためには自分の資産内容を正確に抽出する必要があります。現預金や上場株式はもとより不動産については使用状況や相続時にどういう形で相続人に財産が継承されるかを想定する必要があります。非上場株式においても見直しがされましたが、基本的には事業継続が前提になっているので、事業継続の形を考えて計算できるようにしておかなければなっりません。相続税計算の結果を踏まえて、節税方法やゼ相続税の支払い資金の確保は大きな問題です。相続人間の利害が対立する時には事前に話し合っておかないとことが起きてからもめることになります。最近は税理士や弁護士に加えて金融機関がこの問題に対する相談会を開催して具体的な提案をするようになっています。

ページの上部へ