遺産相続についてお気軽にお問い合わせください

借金という遺産

多額の借金が残されていた場合にどうすればよいのか

 遺産相続というと、預貯金や不動産を引き継ぐケースを想像する人が多いですが、預貯金などはほとんど残されておらず、借金ばかりが残されていたというケースが意外なほどたくさんあります。そのまま何もしないでいると、相続人に借金返済義務が受け継がれてしまうことになりますので、もしもそのような状況にあるのであれば、早急に対処する必要があります。借金返済の負担から逃れられる一番確実な方法は、相続放棄の手続きを取るという方法です。相続放棄の申述は家庭裁判所に対してする必要がありますので、不安を感じている人は遺産相続サポートサービスを提供している弁護士を利用するとよいでしょう。弁護士は料金が高いというイメージを抱いている人が少なくありませんが、遺産相続の放棄手続きを頼むくらいであれば、さほど高額の料金はかかりません。

相続放棄以外にも選択肢があります

 故人が負っていた多額の借金の返済義務から逃れたいのであれば、遺産相続を放棄する手続きを取るのが一番確実です。しかし、プラスの財産も残されていて、相続放棄すべきか否かの判断に迷ってしまうようなケースがあります。また、相続放棄によって債権者に迷惑をかけたくないと考える人もいます。そのような場合には、弁護士に相談して限定承認の手続きを取ってもらうようにするとよいです。この限定承認の手続きは、相続人全員で行う必要がありますので、まさに弁護士の出番ということになります。相続人の誰かが遺産の一部を勝手に処分するようなことがあっては、限定承認の手続きを取ることができなくなってしまいます。でも、弁護士に依頼すれば、相続人全員のコンセンサスを得やすくなりますし、遺産の管理も任せることができます。

ページの上部へ