遺産相続についてお気軽にお問い合わせください

相続の時には

遺産相続という問題について

遺産相続は多くの人が関わる問題ですが、あまり話し合う機会はなく、その問題が発生してから困る人がたくさんいます。 まず何か遺産なのか、そして誰が相続するのか、相続税はどうなるかなど様々な法律、税率関係の問題が起こります。特に現在では遺産の種類は多様化しており、種類によって相続の税率が違います。税金の対策を行っているかいないかで税金の額が大きく変わってくるのです。そしてそれは専門の知識を持つ弁護士や税理士に任せるのが一番正確です。税率が変更されたり法律が変わっていく可能性が高いのでその都度専門家と話し、きちんとした対策をたてることが最も重要です。遺言を用意していたとしてもきちんとした形式に則っていないと無効になる可能性があり、注意が必要です。

変化していく問題に対応するためには

相続に関する現状はどんどん変化しています。税率の変更だけでなく、遺産の多様化によって税率の種類も大きく変わります。土地も農地かマンションなどの物件かによって違います。 また、以前は法によって届け出があったものだけが血縁者であり遺産相続の権利がありました。ですが現在の遺伝子捜査技術の発達や内縁の人間の人権問題などがあり、権利を持つ人が増えました。弁護士などの専門家の増加により多くの訴訟が起き民法の解釈変更なども行われています。 今後も目まぐるしく変化していく可能性がある為、きちんと専門家に相談をすることをオススメします。現在では相続問題を専門に扱う弁護士や税理士もいるのでネットなどで調べてみると良いです。

ページの上部へ