遺産相続についてお気軽にお問い合わせください

弁護士の地位とは

日本における弁護士の地位について

日本の司法試験は国際的に比較しても難しい試験と言えます。欧米は訴訟社会ですから日本に比べて多数の弁護士資格を保有する人たちがいます。日本は訴訟の数が少ないので弁護士の数も少なく、司法試験も難しくなっています。弁護士費用は原則として自由に決められます。以前は弁護士法で報酬額が決められておりましたが、現在は完全に自由に決められることになっています。しかしながら必ずしも高い報酬を取る弁護士が優秀だとは限りません。弁護士に相談する時には予め金額を確認しておくことが重要です。基本的には案件の種類によって相場というものがあるようですから、事前に相場についても調べておけば高い場合には交渉することも必要です。

法曹界では歴史的には裁判官や判事より下に見られていた

現在の弁護士のような立場になったのは明治になってからでした。弁論で商売をしていた人は昔からおりましたが、法律に関係して活動するようになったのが明治時代からということです。しかしながら当時は裁判官や判事よりも身分が下に見られておりました。試験についても他の試験を受けていました。現在のような形になったのは戦後のことです。同じ試験を受けて合格をすると司法研修を受けて研修中に進路を決めるというシステムです。司法試験に合格すれば裁判官、判事、弁護士のどの職業につくことも理論上は可能です。しかしながら裁判官や判事は思想的なことで任用を拒否されたケースもありました。弁護士だけは思想がどうであっても希望すればなることが出来ます。

ページの上部へ